HOME > 戒名の話題 一覧 > 『父の戒名をつけてみました』

父の戒名をつけてみました
朝山 実
中央公論新社
売り上げランキング: 4,286

『父の戒名をつけてみました』

なぜ、自分で戒名をつけようと思ったのか。
著者はこう説明する。

“取るものも取りあえず、とよく言われるが、わたしの場合、父の訃報を聞いて鞄に入れたのは 『戒名は、自分で決める』と『葬式は、要らない』という、宗教学者の島田裕巳さんの新書二冊だった”

これら2冊は高価な葬儀や戒名に対する懐疑をひもといたもので、当時のベストセラー。

『戒名は、自分で決める』は、故人と親密だったものが戒名をつけるのも可能だと説く。 巻頭には「戒名作成チャート」があり、ステップに従い、故人を現すのにふさわしい文字を選ぶと 、誰でも戒名がつけられるようになっている。

著者の父親は元気だったころ、「葬式なんかいらん」「坊主は頼まんでもええ」と言い、 著者の「だったら、戒名はぼくがつけようか」という言葉に「おまえがかぁ」と笑っていたという。
また、檀那寺(檀家としてつきあいのある寺)に対し、父親は「先代はよかったけど、いまのあの坊主はアカン。 何かというと金カネ言いよって」と不満ももらしていた。

こうした生前のやりとりを考えると、著者が父親の戒名をつけようとするのは、むしろ自然な流れのようにも感じる。

しかし、この“オリジナル戒名”を発端に、著者はとんでもないもめ事に巻き込まれていく。

檀那寺の住職には「そんな常識外れなことをしたら、仏さんは浮かばれないよ」 「あなた、そんなおかしなことを言うていたら、墓に入れないよ」と恫喝するような口調で言われ、 あげく「亡くなられたのは誰だか、わかっているのか」と叱責される。

葬儀社に紹介してもらった代役の坊さんには「今回はこの戒名は私がつけたことにしていただけませんか」 「ですからほんとうにお気持ちでけっこうですので、お布施とは別に、なにがしかをお包みいただけましたらですね」と遠回しに戒名料を請求される。
ただし、金額を明示されない。あくまでも「お気持ち」なのだ。

戒名に関する著書もある社会学者の橋爪大三郎は、筆者との対談のなかで、こう語っている。

“たとえるならまあ、戒名というのは、バレンタインデーのようなものですね。
(中略)バレンタインデーに根拠がないことは、みんなが知っている。根拠がないからと無視しますか?
根拠がなくてもいいんです。チョコレートを配るのは、みんながやっている。
だから、意味がある。これが、日本人ならではの考え方です。”

自分でつけても戒名料は払うべきなのか『父の戒名をつけてみました』 より


スポンサードリンク


まとめ

> 『戒名は、自分で決める』と『葬式は、要らない』という、宗教学者の島田裕巳さんの新書二冊だった

この2冊の影響は大きいですね。

戒名は、自分で決める (幻冬舎新書)
島田 裕巳
幻冬舎
売り上げランキング: 5,783


葬式は、要らない (幻冬舎新書)
島田 裕巳
幻冬舎
売り上げランキング: 3,383

これらの本がなくなることはないでしょうから、今後とも葬儀や戒名において、影響を与え続けると思います。

> 先代はよかったけど、いまのあの坊主はアカン

結局のところ、無思慮・無分別に「葬式無用、戒名不要」を唱えているのではなく、その根底にお寺(旦那寺)への不信や不満があることを、お寺サイドはきちんと把握すべきでしょうね。

> 「そんな常識外れなことをしたら、仏さんは浮かばれないよ」

もうこうなると仏教の教義ではなく、情だけの話です。心情に訴えるセールスマンとかわりません…。

> 「あなた、そんなおかしなことを言うていたら、墓に入れないよ」

伝家の宝刀“納骨させない”です…。
これが最大かつ最強の戒名無理強いの根拠となっております。

> みんながやっている。 だから、意味がある。これが、日本人ならではの考え方です。

う〜ん、これが正しいかどうかはわかりかねますが、概ねそういった現状なのでしょうね。

ですから、みながめいめいで戒名をつけるという行為が、「みんながやっている→だから意味がある」となれば、現状がおかしく、供養名としての本当の意味での戒名が正しい行為であると証明されます。


スポンサードリンク


HOME > 戒名の話題 一覧 > 『父の戒名をつけてみました』