×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME > 戒名の話題 一覧 > 戒名は誰が決める?
戒名 問題

戒名は誰が決める?

「戒名は誰が決めるのか?」という質問がありました。

普通ならば、「そりゃ、お坊さんでしょ?」という答えとなるでしょう。
まぁ、それでもいいのでしょう。しかし、「戒名のプロ」であるわたしにしてみると、ちょっと違うような気がします。
今日の「戒名事情」を考えると、そう簡単にはいきそうないと思うからです。

まず、言葉遊びかもしれませんが、「戒名は誰がつける?」という問いであれば、 それは仏教の戒律を守るための仏弟子としての証しをもらうことですから、 師僧、すなわちお坊さんということになります。

しかし、「戒名を決める」ということになると、そもそも、戒名をつける/つけない、 という根本からのスタートということになります。

今までは、お寺にあるお墓に納骨することがほとんどでした。
ですから、「戒名をつける」=「戒名を決める」はお寺のお坊さんです。

でも、今は民間や公営の霊園も増え、お寺に属さないお墓がたくさんあります。
また、お墓どころか、散骨などといったお墓すらない葬送の形も現れました。

すると、自然と今までの仏教式葬式から離れる人たちが増え、戒名は「つける」ものから「決める」ものに変わりました。

つまり、これは、仏教式のお葬式をするのかどうか?
仏教的要素は残すのか?
どの程度残すのか?
菩提寺はどうするのか?
…といった諸々の決定事項の表層として、「戒名は誰が決めるのか?」という問題が浮かび上がっているのです。

ということなので、「戒名を決める」のは、ご自分ということになります。

まず、戒名をつけるのか?つけないのか?

つけるとしたらお坊さんに頼むのか?

そのお坊さんとは、檀家として付き合うのか?

わざわざ高いお金を払ってまで、お坊さんに戒名をつけてもらいたくないから、 供養のための戒名を、自分や家族でつけるのか?

などなど、「戒名を決める」とは、多岐にわたる決定事項の連続なのです。
これは誰が決めるのでもなく、自分が決めるより他ありません。

そう考えると、島田裕巳氏の『戒名は、自分で決める』というタイトルは秀逸ですね。
これを『戒名は、自分で付ける』とすると、戒名を自分でつけることのが前提のハウツー本に堕してしまいます。
島田氏の優れたところは、戒名というわかりやすいものを題材にし、葬式仏教の暗部をえぐり出しているところです。

まずは、戒名をどうするのか決める、戒名をつける問題は、その次ということになります。


これは広告です


HOME > 戒名の話題 一覧 > 戒名は誰が決める?