HOME > 戒名の話題 一覧 > 神社で戒名
戒名 問題

神社で戒名

神社で戒名ってつけてもらえるんですか?

という質問がヤフー知恵袋にありました。

戒名は仏教としての「戒律」を守るという宣誓の意味もありますから、仏教特有のものです。
ですから、一般的には神社(神道)にそういったものはありません。
そもそも戒名とは?
以下【】引用

【一般的なことを書くと、仏教の位牌に当たるものを、神道では霊璽(れいじ)または御霊代(みたましろ)と言います。
神職から霊号(れいごう)をつけて頂いて、それを霊璽の表に書いて故人の御霊(みたま)が宿る依代(よりしろ)として扱います。

神道の霊号は、仏教の戒名とはまったく考え方が違います。
人の死後の称名(たたえな)で、生前の遺徳を称え、偲び、記念するためのものですね。
ちなみに、戒名と違って霊号料なんてものはありません。

生前の業績を称えて神棚に祀られるような人は、神号を贈られることもあります。
私も神号を付けて神棚に祀って、お祭の様式を定めた故人がいます。
その人物は、生前から格闘技の神様、合気道の神様と呼ばれる業績を残した人物でした。】

神道にも位牌はあり、そこに故人の名前は記しますが、それはまったく戒名と違った意味合いのものということですね。
また、神道には霊号料≠ニいった戒名料にあたるものはないそうです。
ただし、神主さんに対する祈祷料(玉ぐし代)は発生します。
それでもやはり、神道やキリスト教式の葬式は、戒名料≠フ分だけ安くできるというわけですね。

質問の続きに戻りますと、廃仏毀釈が行われる前は、神社と寺が混交されていることもありました。その名残で、神社で戒名をつけますよ、というところが、もしかしたらあるかもしれません。





HOME > 戒名の話題 一覧 > 神社で戒名