HOME > 戒名の話題 一覧 > 珍しい戒名 “上座”
戒名 問題

珍しい戒名 “上座”

戒名のよくある位号は、信士・信女/居士・大姉/大居士・清大姉といったところです。

しかし、他にもこのような戒名の位号があるようです。

◯◯◯◯◯上座

これは、主にお寺とかかわりが深いご家系の戒名だと考えらます。

男性の場合は上座、女性ならば禅尼ということになります。

この戒名はお寺の運営にかかわったり、協力している方へのものになります。
又、亡くなる直前に出家をした場合なども、この戒名が付きます。

お寺とかかわりがあるからといっても、直接、お坊さんや尼さんというわけではないようです。

ちなみに、お坊さんの戒名の位階は、大師号・菩薩号・国師号・禅師号・和尚位などがあります。

○○和尚といったときはそれは位階だったわけですね。
まぁ、そもそもお寺には入るということは、出家しているわけで、その名前はもう戒名なのですから、 和尚が位階でも不思議はないわけですね。

上座
広辞苑によによれば

1 かみざ、上席。
2 【仏】教団内の長老。また、比丘(びく)の敬称。
3 三綱(さんごう)の一。年長・有徳の者で、寺内の僧侶を統監し、寺務をつかさどる役僧。
4 禅宗で、年長の者に用いる敬称。
5 曹洞宗の僧階の一。長老。

※※比丘とは、仏門に帰依して具足戒を受けた男子。修行僧。乞資。
※※※三綱とは、寺内の僧侶・寺務を管理する三種の役僧。

禅尼
同広辞苑より
仏門に入った女子。

戒名の位階に使われる「上座」「禅尼」という名前も、もともとは仏教に深く関わっているようですね。





HOME > 戒名の話題 一覧 > 珍しい戒名 “上座”