HOME > 戒名の話題 一覧 > 戒名 文字は自分好みで > 戒名 文字は自分好みで 2
戒名 問題

戒名は、文字は自分好みでつけられるの?

読売新聞(2012.5.1) 戒名 文字は自分好みで を参照。ところにより、抜粋しております。

戒名とは

「仏門に帰依した証しとして与えられる名前。法名、法号ともいう。
本来は生前に与えられていたが、室町時代後期から、葬儀の際に与えることが広がったとされる。

宗派ににもよるが、6〜10字程度が多い。
狭義の戒名は、その中の2文字を指し、うち1文字を本名から取る傾向がある。」


以上、「読売新聞(2012.5.1) 戒名 文字は自分好みで」より引用。

※補足 法名は、浄土真宗。法号は、日蓮宗(日蓮正宗は除く)での戒名の呼び名です。


最近の戒名事情

「仏教の戒名を付けてもらうことについて、考え方が変わりつつある。
日本では葬儀の際に授かる名前として広く浸透しているが、生前に付けたり、使いたい文字を伝えたりする人が増えているという。
一方、「戒名は要らず、俗名のままでいい」という人もいるようだ。」


※戒名の本来の意味からすれば、とくに仏教徒でなければ、当然の成り行きでしょう。

仏教情報センターの事務局長の互井観章さんによれば、 「「生前戒名」の増加を実感している」そうです。
「都市部で増加する永代供養墓への申し込みが、戒名を付ける契機の1つになっているようです。自分の戒名を知っておきたいというニーズも あるのでは」

※永代供養墓とは、お墓を管理したり、お墓参りをしてくれる人がいなくても、 代わりにお寺が責任持って、供養と管理をする形式のお墓です。
永代といっても、何十年か経ったら遺骨を他の墓所に移すところが多いようです。
通常のお墓は、家のお墓ですが、永代供養墓は、誰でも一緒に納骨する、いわば集合住宅、お墓のマンションのようなものですね。

※※永代供養墓は通常お寺にあります。供養もそこのお寺の宗旨・宗派にのっとったものになります。ですから、おのずと戒名は必要になるわけですね。
このことからもわかるように、現在の戒名はお墓に入るための「パスポート」のようなものになっております。


戒名に自分の意向を採り入れてほしい

「戒名に自分の意向を採り入れてほしいという人もいる」

※本来の戒名とは、仏教に帰依した際の名前です。仏教の師である、師僧、所属するお寺のお坊さんが決めるものです。
仏弟子になるのに、「戒名に意向」とは、本来は、まことにおかしなことのはずです。

なぜこのような状況にあるかといえば、もはや「戒名」の意味合いが違ってきているからです。
戒名とは、仏弟子の証しとしての名前ではなく、人が亡くなったときに付けられる「供養のための名前」という意味合いが、強くなっているのです。

「希望をそのまま受け入れるケースもあるが、「話をじっくり聞いて、より良い戒名になるよう努めています」」と天台宗系寺院・本寿院の 住職、三浦尊明さんはいっております。

※まぁ、住職としては戒名を自分でつけられてしまったら、収入になりませんものね。

※※住職の三浦尊明さんって、「戒名の会」の人ですね。「戒名の会」とは、戒名を三万円でつけますよ、という会です。

高い、高いと言われている戒名料です。 しかし、その実態は、戒名料というお布施をつのり、お寺の維持・運営をしているお寺がほとんどかと思われます。

お坊さんが、格安の有料で、戒名をばらまくのって、同業の人たちにとっては、後ろから鉄砲を撃たれている気分なのではないでしょうか。
信ずるところがあっての戒名の普及ならば、なぜ「無料で戒名つけますよ」と、言わない、言えないのでしょうか?

天台宗系寺院・本寿院
戒名の会

戒名 文字は自分好みで 2 へすすむ




HOME > 戒名の話題 一覧 > 戒名 文字は自分好みで > 戒名 文字は自分好みで 2