HOME > そもそも戒名とは > 戒名はほしい、でも…

そもそも戒名とは?

そもそも戒名・法名とは、出家の際に師弟関係のある師僧から弟子へと授けられる名前です。 (浄土真宗では法名、日蓮正宗を除く日蓮宗では戒名のことを法号と呼ぶ)

つまり、仏教に帰依し、仏道修行を始める際に、俗名から変更した名前ということです。
キリスト教のホーリーネームのようなものですね。
俗世との縁を切り、これから厳しい修行に臨むにあたり、自分を戒める意味合いも込めて授かった名前、それが本来の戒名です。
死んだ後に付けられる名前、というたぐいのものでは本来ありません。

しかし、世間一般の認識(常識?)では、死んだ後にお坊さんに付けてもらうなんだかよくわからないけれどありがたそうな名前、 といった感じでしょうか。
仏教への信仰心があった方ならいざ知らず、亡くなった後にほとんどの方が戒名を授かるという今日の風習は、 いささか奇異で、前時代的なものなのかもしれません。
 

これまで日本全国多くの地域では、先祖代々のお墓があり、死んだ後は自分もそこに入る、ということが当たり前のことでした。
その場合、死後入るお墓のあるお寺の住職に、読経と戒名をお願いするのも至極当たり前のことでした。
読経料と戒名料は、いわばお墓の管理費用といった具合のものだからです。 

しかし、今日では先祖代々のお墓ではなく、ご自分のお住まいの近くにお墓を購入したり、 好きだった海に散骨したり、樹木葬という形で既存のお墓を建てないということも珍しいことではなくなりました。

そういった現在の状況であるにもかかわらず、まるきり縁もゆかりもないお坊さんから否応なしに戒名を授けられ、 請求金額を見れば目をむくような値段だった、というケースが都市部を中心に散見されるようになってまいりました 。

そうでなくても本当に納得して戒名料を納めている方は稀なのではないでしょうか。  





HOME > そもそも戒名とは > 戒名はほしい、でも…